モバイルバッテリーのオススメは「Anker PowerCore Fusion」だ。とりあえずこれだけは持っとけ。

Anker PowerCore Fusion 5000

今やモバイルバッテリーは持っておくべきだと思うんですよね。停電の時とかは、あって良かったというアイテムのトップ3には入るでしょうね。

数あるモバイルバッテリーの中で、選び方は人それぞれですし、デザインや重さ、容量、機能など様々だと思いますが、オレっちがオススメするのは「Anker PowerCore Fusion 5000」です。とりあえずこれだけは持っとけってカンジです。

1台2役のハイブリッドという選択が良い。

多くのモバイルバッテリーはその名の通り「携帯できる電池」であるので、残量が無くなれば当然ながら充電をしなければなりません。その際は専用の充電器だったりPCからのUSB充電だったりするわけです。

Anker PowerCore Fusion 5000」は、モバイルバッテリーでありながら折りたたみプラグが付いており、そのままUSB急速充電器として使用することが出来るんです。

外ではモバイルバッテリーとして使って、コンセントのある所では接続した機器を急速充電しつつ本体の充電もするということが可能です。

1台2役のハイブリッド型

高い互換性

気になるバッテリー容量は5,000mAh。他のモバイルバッテリーと比べたら、確かに容量は少ない方だと思うし、不安を感じることもあるかもしれないけど、そこはハイブリッドだからこそ補える所だと感じています。

コンセントのある所ではコンセントに挿して充電することを踏まえると、ちょうどいい容量だと分かるんです。例えばiPhoneだと満充電の状態で普通に1日は使えますよね。5,000mAhあれば一回分はフル充電出来ますので、約二日間はイケるってことです。

二日しのげれば、日常生活においてはキャンプなどでもない限り自宅やホテルでコンセントが使えますしね。ちょうどいいんです。

ちょうどいい5000mAh

Anker PowerCore Fusion 5000」のサイズは71mm × 69mm × 30mmで、重さは約189g。コンセントではなくPCなどからの本体充電用のMicro USBケーブルやトラベルポーチも同梱物として付いてきますよ。

出張や旅行のお供に

接続可能なケーブル

全然邪魔には感じないサイズと重さだと思うので、とりあえず持っとけってカンジですよね。

オレっちは愛用しまくりです。

これでQiとかのワイヤレス充電も出来たらケーブル要らずで更に最高なんやけどな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top