MacBookは「Pro」「Air」「無印(12インチ)」の結局どれがいいのか

MacBook Air 2018

先日発売されたMacBook Air 2018のおかげで、ノート型Macを求める人たちは皆が考えることではないだろうか。

結局、MacBook ProMacBook Airと無印MacBook(12インチ)はどれがいいの?

出来るだけ端的簡潔明瞭に考えてみました。非常に悩ましいことですが、選択肢が多いことは良いことだと思う。

MacBook Proが良い人

MacBook Proは、こんな人にオススメ

  • 何よりハイスペックがいい
  • 画像も動画もプログラミングも、どんな編集作業もやりたい
  • アプリの同時起動やタブを多く開いて作業することが好き
  • 作業レスポンスは少しでも早い方がいい
  • ポートは一つでも多い方がいい
  • 最高のノート型Macを所有する優越感が欲しい

MacBook Proは、なんしか最高のMacの一つだと思います。

とにかく最高のものが欲しいんだって人は有無を言わさずMacBook Proを選ぶとよいでしょうね。

Proで気にしてはいけないデメリット

  • とにかく高い(15インチのフルスペックを選ぶと軽く50万越えするからビックリです)
  • それなりに重い(15インチで1.83Kg、13インチで1.37Kg)

MacBook Airが良い人

MacBook Airは、こんな人にオススメ

  • とにかくノート型Macが欲しい
  • 少しでも安く買いたい
  • それなりに色々な作業をしたい(画像や動画の簡単な編集など)
  • ハイスペックは不要だがロースペックも嫌だ
  • Touch Barは無くともTouch IDは使いたい
  • そこそこ持ち運びもしたい
  • バッテリーの持ちが良いのがいい
  • カフェなどが似合うおしゃれMacを所有している優越感が欲しい

MacBook Airは先日発売されたMacBook Air 2018のおかげで大変魅力的なものになりましたね。

Retina搭載にもなりましたが、今やRetinaは必須というか当たり前になってきた感もあり、とりあえずMacが欲しい人にとってはミドルクラスとも言えるMacBook Air 2018を選ぶことがスタンダードではないでしょうか。

Airで気にしてはいけないデメリット

  • 処理速度に限界がある(将来的にガツガツ使いそうな人は注意)
  • Airという割にはすごく軽いというワケではない(「世界に再び軽さの衝撃を」とのキャッチコピーながら1.25kgある)

無印のMacBook(12インチ)が良い人

無印のMacBookは、こんな人にオススメ

  • とにかく持ち運び重視で少しでも軽いモノがいい
  • 重さ1Kg以下がいい
  • ガッツリ作業はせず、書き物(テキスト入力)やブラウジングができればいい
  • メインMacが別途あるので、サブMacが欲しい

無印MacBookは問答無用でMacシリーズの中で唯一1kgを切る最軽量(0.92Kg)のため、とにかく軽いMacを望む人で、ほぼ書き物オンリーの方、サブとして考えている方が選ぶと良いですね。

無印で気にしてはいけないデメリット

  • 画面が小さい(12インチしかない)
  • どうしても非力感があるためメインMacにはなりにくい
  • サブMacという位置付けであるならメインと合わせると結局金がかかる

 

いかがでしょうか?

結局、どれが良いMacなのかではなく、自分が求める用途に対してどのMacで十分かということだと思います。

選択肢が松竹梅あるということは良いことですね。ただオレっち的には、どのモデルも同じタイミングで一緒にアップデートして欲しいという気持ちは拭えません。

一つのシリーズだけアップデートされると、選ぶタイミングなどにおいて余計に悩ましくなるのだよAppleさん。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top