あなたの口癖ってどんなの? 口癖による自己催眠。

子供の崩れた笑顔の写真

最近、ふと感じるようになったのですが、口癖って知らず知らずの間に自分で自分に催眠術をかけていると思うんです。 いっそのコト、プラスに自己催眠をかけてみたら。というお話。

結構多くの人がしている口癖

そもそも口癖って?

習慣のようになっている言葉遣い。
たびたび話す話やよく使う言葉。

引用元:Weblio辞書

当然つかう人それぞれなんですが、たとえば「わりと」とか「逆に」「てゆーか」「そもそも」、などが口癖の人、オレっちの周りには多い気がするんですよね。

これまでは特に意識してなかったんですが、最近特に人の話を聞くことが多くて、中でも悩み相談のようなことが増えてるんですが、何となく人の口癖が気になるようになって。

しかも気にし出すと結構多くの人に口癖ってあるんだなと気づいたんです。

てゆーか、オレっちも色々な口癖はあると思います。

口癖は大きく分けて2種類あると思う

そんな口癖ですが、色んな口癖に触れるほど種類というかベクトルが2種類あるように感じます。

ずばり「良い口癖」「悪い口癖」ですね。

ポジティブな良い口癖

たとえば「さすが」「すごい」など褒め言葉だったり、「イケる」「大丈夫」「良し良し」などの励まし言葉なんかが口癖の場合は、良い口癖だと思います。

言い方もあるんでしょうが、一般的にはこれらの言葉で不快な感じはないですよね。

また、こうした言葉が口癖の方はポジティブな人が多いです。

ネガティブな悪い口癖

一方で、「でも」「だって」「どうせ」といった言葉なんかは、ほぼほぼ後には否定的な言葉が続くことが多く、ネガティブで悪い口癖だと思うんです。

しかも、このネガティブな口癖ほど実は使ってる人が多いという事実。

こうした悪い口癖って、一度クセになると完全に負のスパイラルのようになって、まるで自己催眠でもかけているかのごとく抜け出せなくなりやすいんでしょうね。

性格が口癖を決めるのではなく、口癖が性格を変えている

人の口癖を気にし出した当初は、「この人はこういう性格なんだなぁ」と感じながら話を聞いていることが多かったと思います。

先ほど悩みを聞くことが多くなったと書きましたが、中にはその後を報告してくれる人もいて、特に悩みがそれなりに解決したという嬉しい報告を聞いていると、ある事に気がつきました。

口癖が変化してるんです。

一見すると性格に変化が生まれたのかなと感じるんですが、その人の変化の前後を知ってる側とすれば、頑張ろうとして少しずつ口に出した言葉によってポジティブになっていった結果なんだと分かりました。

「私はできる」とか「大丈夫、大丈夫」とか、そんな言葉から次第に心が前向きに少しずつ変化して、「すごい」とか「ありがたい」とかになっていくんですね。

しかも、そうした言葉を多用する内に良い口癖になって、プラスに自己催眠をかけたかのごとく、性格に大きく変化を与えるに至っているんです。

「感動」と「感謝」で口癖も性格も変わる

性格を変えてしまうほど、「言葉」の持つ力のことを意識していて、今では「感動すること」「感謝に思うこと」が大切だなと納得しています。

ホントに些細なことから始めればいいんです。

まずはいつも見ていることでも、たとえ当たり前のことでも、「すごいなぁ」と言葉に出して小さな感動を増やしてみましょう。

たとえば雑草ひとつでも「こんなアスファルトの隙間からすごいなぁ」とか、「頑張ってるなぁ」とつぶやいてみる。

もちろん誰にも聞こえていなくてイイんです。

むしろ最初は恥ずかしさから辞めてしまうかもしれないので、聞かれない方がイイかもしれませんね。

そして事あるごとに「嬉しい」とか「ありがたい」とか感謝の気持ちも言葉にしていって、「ありがとう」と相手にズバリ伝えることにチャレンジしてみます。

昨今では、人に何かをしてもらったにも関わらず「あ、すみません」と謝ってしまう人も多いのではないでしょうか。

それは恐縮する気持ちだとわかるのですが、ストレートに「ありがとうございます」と伝えることが出来た方が、言う側も言われる側も気持ちいいと思うんですよね。

色んなコトに感動する意識を意図的に持ってみて、少し言葉に出してみる。そして嬉しくワクワク出来たら感謝を言葉に出してみる。

そんな小さな感動と感謝を繰り返すうち、いつのまにかそれらが良い口癖になって性格がポジティブな自分へと生まれ変わっていけると信じています。

 

なんだかオラ、ワクワクすっぞ。笑

 

こちらからは以上です。

iPhoneからの投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top