お父さん001


どもども、こんちくわ。上機嫌してますか?


やりましょう。オレっち(@yashiki55)です。


SoftBankがイー・アクセスと経営統合したと話題になってますが、何がどう変わるのでしょうか?何よりもオレっちにどんなウハウハがあるのか?ちょっと気にしてみました。 


イー・アクセスをSoftBankの完全子会社化


SoftBankが親玉となるわけですが、中身がどうなるかとうことを簡単にいえば、


イー・アクセスは独自での普及は苦手でしょ?なら、SoftBankが普及を手伝ってやるから、SoftBankが持っていないイー・アクセスのものをSoftBankに差し出しなさいよ。ってコトかな。


SoftBank001


オレっちの解釈はちと違う気もするけど、あながち間違ってもないでしょう。たぶん。


SoftBankの発表によると


①移動体通信サービスのネットワークの相互活用

②基地局ロケーションの効率的運用についての相互協力

③シナジーの創出


ということが経営統合(イー・アクセスの完全子会社化)効果として見込まれているようです。


 


もっと具体的には何がどうなんの?


なんやかんやゆーても全くわからんぜよ。

何がどうなるんだい?孫さん。


話題のiPhone5で見てみましょう。


従来のままだとSoftBankはiPhone5で使う周波数として900MHz帯と2.1GHz帯を使っていたワケね。


すでに巷では超高速だと騒がれているLTEはこの2.1GHz帯を使っているとよ。


ほんでココで登場するのがイー・アクセスっすね。なんとココは1.7GHz帯のLTEが使えるんだべさ。


しかも、SoftBankのiPhone5はすでに1.7GHz帯が使える仕様になってるというじゃない。てことは、てーことはだよ、SoftBankは2.1GHz帯と1.7GHz帯の両方でLTEが使えるってコトなんだってばよ。


SoftBank003


SoftBank002


AUよりも使える周波数帯が多くなるさ。こりゃ、ぶち快適になるっちゃってコトっちゃなかろーか。


単純に基地局が多くなるし、すでにWiFiより早いといわれてるLTEじゃけ、利用できるエリアが広くなれば、無線LANでWiFiにつなぐというコトさえいらんくなるわいね。


LTEが使えるiPhone5ならば経営統合した恩恵は間違いなくあるっちゃよ。


 


 


 


あ、オレっちiPhone5じゃなかった。。。


 


お父さん002


 


(꒪д꒪)


 


(最終更新:2015年5月17日)コメント0件2080

LEAVE A REPLY

*

Return Top