ブログにPocketボタンを設置する方法は超カンタンやったで。

20130427pocket 001

こんにちわ。オレっち(@yashiki55)です。

以前はRead It Laterだった今は「Pocket」。皆さん使ってますか?オレっちは毎日のように使いまくりです。ありがたい限りです。そんなPocketのPocketボタンなるものをこの度ブログへ装着したのですが、まぁあっさり出来ました。超カンタンやったで。

Pocketとは、いわゆる「後で読む」サービスやね。


オレっちはもっぱら情報収集はRSSですね。

んで情報を自らにインプットするためにRSSをこれでもかってぐらいGoogleリーダーで登録して、MacでもiPhoneでも「Reeder」アプリを使って日々情報を集めておりやす。

Reeder 1.2 Reeder - Silvio Rizzi
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース

 

Reeder 2 2.0.1 Reeder 2 - Silvio Rizzi
価格: ¥450 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース


 

でも、Reederで全てを読んでるワケではないんですね。多すぎて読んでる間はありませんぜ。なので、Reederではタイトルをザ〜ッと見て気になる記事なんかをひょいっとPocketに送るんです。

この連携が必須ですね。

そして後から時間の合間をみてPocketで気になった記事を読んで自らにインプットしてんでさぁ。そのPocket自体もMacでもiPhoneでもアプリがあって、かつブラウザでも読めるから便利よね。

 

Pocket 1.5.1 Pocket - Idea Shower
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース



Pocket (Formerly Read It Later) 4.5.3 Pocket (Formerly Read It Later) - Idea Shower
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース


 

Pocketについての詳しいことは、それはあれだ。ググってみたらええで。

自分のサイトもPocketに放り込んでもらい易くするためにPocketボタンを設置してみた。


まぁ、オレっちはRSS経由でポイポイと放り込んでいるんですが、検索なんかで訪れて下さったありがたい方々にもひょいっと放り込んでもらえるようにPocketボタンを設置してみたワケ。

設置はびっくりするくらい超カンタンでしたよって。

下記リンクへ行ってコードをコピーして、サイトへ貼るだけ。以上なのだ。

Pocketボタン取得ページはここから

ページに行くと3種類のボタンを選ぶことができます。自分が設置したいボタンタイプを選べばいいよね。
20130427pocket 002

ボタンを選んだらその下にコードが出るのでそれをまるごとコピーします。
20130427pocket 003

あとはコピーしたコードを自分のサイトの表示したい所へ貼付ければ終了です。これだけなんですが、何よりもカンタンだと思えるのはFacebookのいいねボタンなんかに見られるような、URLを入力したりIDやらなんやらかんやらというその他もろもろが必要ないってことですね。

サクッとコピーしてペッと貼ればいいだけですから。

んで設置したボタンがこちら。
20130427pocket 004

いいですねぇ。しれ〜っと溶け込んでおります。まるではじめからそこにいたようなカンジですね。

最後に。


Pocketは後で読むサービスなワケですが、後で読もうと思ってPocketに放り込んだとして、さらにその後「いいね!」をしたり「はてブ」したりって、あんまりやらないと思うんですよね。

そうすると記事の反応って分からなかったりするんですが、Pocketボタンがあることで「あ、後で読んで下さった方がいるな」ってのを知ることができて、サイト運営者にとっては大変思いやりのあるボタンだと思うんです。

まぁでも記事の拡散や集客アップという面では「はてブ」や「ツイート」、「いいね!」が大変効果が大きいワケで、そちらをどんどん押していただきたいんですけどね。|д゚)チラッ

 

しかし、なんやゆーてもオレっちの場合は、もっともっと記事を充実させて皆さんに読んでいただけるサイトにしなきゃアカンと思うのです。はい。頑張ります。

LEAVE A REPLY

*

Return Top