パパになりました!無事に生まれました!

オレっち あっちっち
オレっちです!
報告が遅くなりましたが、
昨夜、嫁はんが3,142gの元気な女の子を出産しました!

いや~、ビビったね(笑)
何がビビったって?
昨日、嫁はんと病院へ入ったのは21時すぎのことでした。


ひと通り、血圧検査等を済ませたあと・・・

看護婦「おなかの張り具合はどんなカンジですか?」
嫁はん「う~ん、張ってるような、そうでないような・・・」

看護婦「この様子だと明日の明け方ぐらいになるでしょうね」
看護婦「ご主人さんは今日は一度お帰りになられて、明日の朝に改めてお越しになってください」
オレっち「そうですか・・・でも、もうしばらくおりますわ」
看護婦「では、とりあえずモニタリングしておきましょうか」

そして別室へ・・・
7~8分後・・・
バタバタバタ。

看護婦「ご主人さん!急に陣痛の間隔が早くなりました!今、急いで分娩室へ入ってもらいましたので、ご主人さんも分娩室の方へ来て下さい」
オレっち「は、は、ハイ!」

この時、21時40分頃でした。

看護婦「まだいきまないで下さいね~、大きく深呼吸ですよ~」
看護婦はボチボチ道具の準備をしてました。

22時00分頃。急に嫁はんの表情が険しくなってきました。

 

22時05分。看護婦が準備の手を止めて、ふと嫁はんを見る。

!!!

看護婦「22時05分!全開になってますっ!」
看護婦「どうしよう、準備が間に合わない!」
オレっち「え?え?え?」

看護婦「ご主人さん、ナースコール!」
オレっち「え?ナ、ナースコール?」

オレっちも動揺を隠せないままボタンをぽち。

看護婦2「どうしました?」
看護婦1「もう全開になってるんです。でも、道具の準備が全然できてないの!」
看護婦2「先生を呼ぼうか?」
看護婦1「いや、道具が揃ってないから、先に準備を進めて下さい」

!!!

看護婦1「22時10分!破水しました!もうだめ、先生を呼んで!」
看護婦1「お母さん、そしたら今からいきんで下さいね」
看護婦1「はい、いきんで~」(1回目)

この1回目で、頭がぬるっと出てくる・・・

看護婦1「え、え、え、え、え?」

嫁はん「ん~!!」(2回目)

にょろん!

オレっち「!!!!!!!!」

看護婦1「!!!!!!!!」

ベビー「んぎゃー!んぎゃー!」

看護婦1「22時14分。産まれました!」

看護婦2「え?先生はまだよ!」

 

 

それから2分後・・・
先生「なんだ?なんだ?もう産まれたのか?信じられない早さだなぁ」

 

という訳で、なんと嫁はんの初産は病院の看護婦いわく、「これまで見たこともない早さと超安産ですよ」とのことでした(笑)
いやはや、オレっちも当然はじめての体験だし、いつの間にか立ち会いになってたし、あっと言う間に終わってたし、産まれてたし(笑)
すごい出来事を体験しました。
感じたことはひとつ。

男は無力だ!ってコト。

 


$オレっち あっちっち

ぽん。

男の子みたい(笑)

LEAVE A REPLY

*

Return Top