いよいよ明日から!自転車ルールをきっちり守ろう!やりがちなコト結構あるで。

自転車のおっさん

自転車に乗られる皆さん、いよいよ明日(6/1)から改正道路交通法の一部が施行され、「14類型」に指定された危険行為を繰り返すことで講習受講を義務付けられる「自転車運転者講習制度」が始まります。(※14歳以上の人が該当します)

「14類型」とされる危険行為とはどんなものなのか、ついやってしまいがちなコトは何なのか、まとめてみました。

14種類の危険行為とは

自転車運転者講習制度

なにやら漢字ばかりで、パッと分かるものもあれば具体的にどういう行為を指すのか分かりにくいものもありますね。改めて一つ一つ確認してみましょう。

①信号無視

これは言わずもがな信号は守れってことです。距離が短い所ほど信号をまるっきり無視する人が多いように感じますので、しっかり守りましょう。

②通行禁止違反

これは一方通行の逆走や進入禁止道路への進入などをしてはいけない、ということですね。車に乗る人は当たり前のように守っていると思いますが、自転車も軽車両としてカテゴリーは車になりますので当然守らなければなりません。特に下記の道路標識をしっかりと確認しましょう。

Hyoshiki  1

③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

自転車は原則的に車道を通行する必要がありますが、例えば標識や標示で通行が指定されている場合自転車の運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合、または車道や交通の状況からみて止むを得ない場合などは、例外的に自動車は歩道を通行してもよいこととなっています。

ただし、いかなる場合であれ歩道を通行する際は徐行運転をしなければならないということですね。徐行運転とは人が歩くほどの速度で、ただちに止まることの出来る速度での運転ということです。

④通行区分違反

これは基本的に自転車は道路の左側を走らなければならないということです。細かくいうと、中央線の無い道路や片側1車線の道路は車線の中央よりも左側を通行するということで、片側2車線以上の道路では一番左の車線かつ左寄りを通行するというものです。

ただし注意が必要なのは一番左側がバス専用レーンになっている場合ですね。あくまでバス専用ですので自転車も通行してはいけません。かといって2車線目を通行することは違反です。こうした道路の場合、多くが歩道に「自転車通行帯」があったり「自転車及び歩行者専用道路」があったりしますので、しっかりと標識や標示などを確認しましょう。

⑤路側帯通行時の歩行者の通行妨害

路側帯とは歩道(ガードレールや縁石で区切られた道路)とは別のもので、歩道がない道路で白線を引いて歩行者が通行する場所を示している部分のことですが、この路側帯を自転車が通行すること自体は大丈夫ですが、歩行者がいる場合は歩行者の通行を妨げてはいけないということです。

例えば「自転車が路側帯にいることで歩行者が車道に出ざるを得ない」とか、「自転車が歩行者スレスレで通行することで歩行者がよろけたり転んだりする恐れがある」などに挙げられるような運転をしてはいけないよってことですね。

⑥遮断踏切立入り

これはハッキリ分かりますね。踏切で遮断機が下りている際に踏切内へ侵入してはいけません。

⑦交差点安全進行義務違反等

これは信号があろうと無かろうと、一時停止などの標識があろうと無かろうと、左右の確認はもちろん前後もしっかり確認して通行しなさいよというものです。信号や標識がなければ、必ず一時停止をしなさいというものでもないのでちょっと曖昧ですね。確認したかどうかをどうやって取り締まるのでしょうか。

⑧交差点優先車妨害等

文字の通りなんですが、優先道路を通行している方が優先だから、それを妨害してはいけないというものです。

優先道路というのは様々なケースがあるのですが、例えば「優先の標識がある所が優先」なのはもちろんのこと、交差点では「一時停止などの標識や標示がある場合、無い側が優先道路」、「標識等が無い場合は道路の幅が広い方が優先道路」などと決められています。

⑨環状交差点安全進行義務違反等

環状交差点などと言われるとピンときませんが、いわゆるロータリーですね。ほぼ全てのロータリーとは右回りで一方通行だと思いますが、場所によっては車、自転車、歩行者が交差することが多いので通行速度と周囲の安全確認を怠ら無いようにということですね。

⑩指定場所一時不停止等

これは「とまれ」の標識や標示のある場所などでは一時停止をしなさいということです。

自転車で一時停止するというのは完全に自転車を停止させて片足もしくは両足を地面につけることですので注意が必要です。自転車が一瞬止まったとしても足を地面につかなければ止まったことにはなりません。

また、停止線のある場所ではたとえ足をつけて止まったとしても停止線を越えていれば違反です。

止まれ

⑪歩道通行時の通行方法違反

これは先ほど③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)でも触れたことですが、自転車は車道を通行しなければいけませんが、例外的に歩道を通行できる場合もあります。しかし原則車道を通行し、歩道を通行する際も歩行者が優先であり車道側を走りなさいというものですね。

⑫制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

ブレーキの無い自転車は運転してはダメということはもちろん、十分なブレーキの性能を満たしていないのもダメということです。

十分なブレーキ性能とは、ブレーキは前輪及び後輪にかかり、10km/hの時に3m以内の距離で停止させることができることだそうです。

⑬酒酔い運転

当たり前の話です。飲んだら乗るな!

車だけではありません。自転車だって同様です。

⑭安全運転義務違反

最後のコレが最も要注意です。これは道路交通法で定められているもので自転車運転者は「車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」という義務に基づくものなのですが、具体的には非常に曖昧なことも事実です。

しかしこれからはこの安全運転義務違反において、様々な行為が該当して違反とみなされますので注意が必要です。

安全運転義務違反でついやりがちなコト

え? それもダメなの? というほどやってしまいがちなコトが結構あるので下記のことは特に注意しましょう。

  • 片手もしくは両手をハンドルから離しながらの運転(傘さし運転など)
  • 携帯やスマホなどを操作しながらの運転
  • イヤホンで音楽を聴きながらの運転
  • 2人乗り(複数乗り)での運転 ※ただし幼児用の小型座席設置自転車に幼児を乗せる場合は除く
  • サドルに座らず荷台に座りながらの運転
  • 無灯火での運転
  • 周囲に危険を及ぼすような、むやみな急発進、急停止

特に傘さし運転なんかは最も多くの人がやりがちだと思いますね。これからは雨合羽が必須です。

その他にもやりがちなコト

自転車は左側を通行する。車道を通行する。ということにおいて非常にやりがちなこととして、例えば自分の家などを出た際に右方向へ行きたい場合、つい右側を通行してしまったり、道路によっては逆走してしまったりということが起こると思います。

どれだけ面倒くさくてもそうした場合、右方向へ出たい場合はたとえ近くても距離が短くても、一旦左方向へ出て、かつ左側を通行し、信号等を守って反対側へ移動してから目的の方向へ移動するということが必要です。もう車と全く同じです。

なのでこれからは車の運転免許証を持っているいないに関わらず、道路交通法を覚えた上で自転車に乗らなければいけないということですね。

これら自転車のルールを守らないとどうなる?

実はこれらの自転車のルールは以前からあったことばかりなのですが、取り締まりが厳しくなかったというのが実態でした。

それがこれからは厳しく取り締まりますよということに加え、先ほどの14項目に該当する違反において3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上繰り返した場合に「自転車運転者講習」を受けなければならないということになったのです。それが6月1日から始まる、ということです。

自転車運転者講習制度3

自転車運転者講習制度4

さらにその公安委員会からの「自転車運転者講習」の受講命令に従わなかった場合は「5万円以下の罰金」が課せられます。

車の場合、違反者を取り締まる為に警察官が隠れて見張っている俗に言う「ねずみ捕り」などがありますが、自転車の場合もこれからそうした取り締まりが増えるかもしれませんね。

ですが、捕まらないようにルールを守るのではなく、自分も周囲の人も皆んなが安全に安心して生活できるようにルールは守りましょう




守くん

安全第一なのダ。

LEAVE A REPLY

*

Return Top