右クリックメニューでpngなどをjpegに変換するMacの便利技。



あっ、どもオレっち(@yashiki55)です。

Macに標準で搭載されているアプリ、Automatorを最近やっと使いはじめました。これ、もっと活用出来たらと思うんですが、まずはオレっちの利用頻度が多いpngからjpegへの変換第二弾です。

右クリックメニューでサクッとやりたい


実は先日、やっとAutomatorをヨダレを垂らしながら使いはじめたんですが、こんな便利なロボット君をなぜもっと早くから使わなかったのか、それが悔やまれるばかりです。

まぁ、いつまでも悔やんでても仕方ないので、今度は鼻水でも垂らしながらもっとサクッと出来ないものかとポジティブシンキングをしてたワケです。

先日セットしたのは、ドラッグ&ドロップでサクッとjpegに変換するロボット君の作成でした。

Macでpngなどの画像をサクッとjpegに変換する方法。 | オレっち.com



 

これ、はじめて作ったロボットにしてはなかなかの感動と共に涙がにじむ思いだったのですが、

が、特に涙はこぼれませんでした。

ロボット君がジャマなんです(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

オレっちはデスクトップをシンプルにしておきたい派なんです。シンプルにしとかん党なんです。

なので下のようにたたずんでいるロボット君が反対勢力にしか思えなくなったんです。



これはなんとかしましょう。やりましょう。

ということでデスクトップをシンプルに、というか何も置かずに済むようにしたい。

なんしか右クリックメニューから使えるようにしたれや。ってことになったワケね。

新たに右クリックにひそむロボット君をプログラムします


さっそくAutomatorを起動して、前回はアプリケーションを選びましたが、今回はサービスを選びます。んで「選択」を押します。



 

そのあと出てくる"サービスは、次の選択項目を受け取ります"ってトコで、今回も画像形式の変換をしたいので"イメージファイル"を選んでおきます。



 

次に前回同様に左側で「写真」から「イメージのタイプを変更」のアクションを選び、右側エリアへドラッグ&ドロップします。



 

 

次に出てくる警告ちっくなヤツは、元画像を残しておきたいっていう人に、どうしますか?って聞いてくれてるので、コピーをして変換したいっていう人は「追加」をクリックしときましょうね。オレっちはもちろん追加で。



 

変換後のタイプはjpegにしておきます。



ここまでで良ければファイルメニューから保存をしておきましょう。名前は自分の分かりやすい好きな名前にするといいよね。

オレっちは右クリックした時に分かりやすいように「jpegへ変換」としときました。

 

無事に保存できましたか?それでは改めて深呼吸を7回ぐらいやってから、変換したい画像を選択し、右クリックメニューを開きましょう。

するとどうだ?バッチリ項目があるではないですか!
項目を作ったんやから当たり前やけど |д゚)チラッ



 

押しました!jpegへ変換っていうのを押しました!

出来ました!元々のpng画像の横にjpeg画像が召喚されました先生!



素晴らしいッ!これでまた、やれば出来るという喜び、やったら出来たという感動に加え、明日への仕事に繋がる勇気と希望を手にいれましたね。

Automatorってスゴイ。

右クリックメニューに忍ばせると、まるで最初からそこにあったようなたたずまいです。

以上!おしまい。

 

このアプリで投稿しました


するぷろ for iOS(ブログエディタ) 2.100 するぷろ for iOS(ブログエディタ) - Gachatech
価格: ¥450 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング



iPhoneからの投稿。
(最終更新:2015年5月16日)コメント0件6228

LEAVE A REPLY

*

Return Top